薬局で緊急疾患を見極めるアプローチABCとは?ジャンル:トリアージ&アクション Q15

トリアージ&アクション

今日も雨でスッキリしない天気ですが、張り切って参りましょう♪

 

それでは本日もよろしくお願いします!

Q15 薬局などプライマリケアの現場で緊急性を見極めるアプローチABCとは何か?

 

 

 

 

 

succo / Pixabay

 

 

 

 

解答

A:Appearance(意識レベル、見た目の緊急性)

B:Breathing(呼吸)

C:Circulation(循環)

保険薬局など(特に在宅の現場)では重症患者が運び込まれる救急医療とは患者の状況が違うため、緊急性を見極めるアプローチである「A→B→C」を確認することで、初期の変化を見逃さない視点を養う必要がある。

具体的には

A→意識レベル、見た目の緊急性、顔面蒼白、四肢の冷感、冷や汗など

B→気道と呼吸の変化

C→脈の微弱、脈の速い遅い

特に

呼吸数が8回/分以下or30回/分以上

脈拍が50/分以下or120/分以上

の場合には医師や病院への救急要請を判断しなければならない。

 

ちなみに心肺蘇生や救急医療の現場では

A→Airway(気道)

となるので注意が必要です。

★こつぶの本日の注目トピック★

薬局業務や情報誌、SNSから仕入れた注目トピックをシェアしていきます♪

本日はこちら

 

【反論】「インフルエンザワクチンは打たないで」というデマが広まっていることについて
【薬剤師が執筆・監修】「ワクチンは危険で無意味だ」と強調するNaverまとめの間違いを、科学的な観点から指摘します : お薬Q&A ~Fizz Drug Information~

うちの薬局はインフルエンザ患者が増えてきてます。

予防接種はした方がいいですか?

の質問に対してしっかりと必要性を伝えようと思います。

 

てかそろそろこつぶも予防接種しなきゃ(焦)

 

今日も最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました(‘ω’)ノ

明日もよろしくお願いいたします。

 

こちらをクリックして頂けると大変嬉しく思います!

ブログ村 バナー
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました