アスリートの風邪へのアプローチは? ジャンル:セルフメディケーション Q35

セルフメディケーション

こんばんは!こつぶです♪

今日は奥様が実家に帰っているため

残念ですが、ひとり飯!

煮干しラーメン!!

こつぶは煮干しラーメンが好きなのです♪

そして奥様は好きではないため、ひとり飯の時はここぞとばかりに食すことが多いです♪

この店は初めてだったのですが、にぼ酢なんかもあり、煮干し愛が詰まったお店でまたお世話になりそうです♪

それでは本日もよろしくお願いします!

Q35 アスリートの風邪へのアプローチとして正しいものはどれか?

【背景】ドラッグストアにて大会を控えたアスリートが風邪薬として漢方を求めてきた。

【症状】本日から微熱が出ている。寒気、発汗はない。

①葛根湯を勧める

②麻黄湯を勧める

③小青竜湯を勧める

④桂枝湯を勧める

 

 

Berzin / Pixabay

 

 

解答:④

解説

桂枝湯以外は麻黄を含んでいるため、アスリートが服用することでドーピングとして処分されることがある。

★こつぶの本日の注目トピック★

薬局業務や情報誌、SNSから仕入れた注目トピックをシェアしていきます♪

本日はこちら

 

喘息リスクが高い小児がネコと接触することで発症リスクが減るかもしれないとのこと。

こつぶは今は黒の豆柴が飼いたいです♪

今日も最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました(‘ω’)ノ

明日もよろしくお願いいたします。

 

こちらをクリックして頂けると大変嬉しく思います!

ブログ村 バナー
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました