健康づくりのための指針で『+10』とは?ジャンル:セルフメディケーション Q44

セルフメディケーション

こんばんは!こつぶです♪

冬の月末は外来混雑+在庫を絞って毎日欠品ヒヤヒヤです(^_^;)

絞らなくても大丈夫なくらい会社を安定させなければ(`・ω・´)

それでは本日もよろしくお願いします!

Q44 健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)で+10(プラステン)の内容で間違っているものは?

①今より10分多くからだを動かす

②死亡のリスク、がん発症、認知症の発症などを低下させる可能性がある

③1日あたり歩数を1000歩増やす

④10分間まとまった活動である必要がある

 

 

 

MichaelGaida / Pixabay

 

 

 

解答:④

解説

アクティブガイドでは+10(プラステン)で『今より10分多くからだを動かす』ことを表現した。

メタ解析では+10によって、死亡リスクを2.8%、生活習慣病発症を3.6%、がん発症を3.2%、ロコモティブシンドローム・認知症の発症を8.8%低下させることが可能であることを示唆している。

減量効果としても約1.9kg/年減らす効果が期待できる。

+10は10分はまとまった活動である必要はなく、細切れの活動を合計10分増やせばよい。

 

生活習慣病や肥満症、運動をしたいと思っているが、どの程度の運動を推奨したら良いか悩んだ場合はこの+10を「始める!」ことを勧めると良いかもしれません♪

こつぶも毎日、腹筋、懸垂、バランスボールなどを使って+10を実践して100歳まで現役で働きたいと思っています(๑´ㅂ`๑)

★こつぶの本日の注目トピック★

薬局業務や情報誌、SNSから仕入れた注目トピックをシェアしていきます♪

本日はこちら

JJCLIP #50: バセドウ病にはどんな薬をどれくらい使うと良いの?
【JJCLIP‗#50】 バセドウ病にはどんな薬をどれくらい使うと良いの? 2017年11月26日(日)のJJ…

 

けいしゅけ先生が先日のJJCLIPの内容をまとめて下さっています♪

JJCLIPもけいしゅけ先生もアウトプットがすごい!!

こういった先輩方の背中を見つつ、こつぶも成長していきたいと思います!

今日も最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました(‘ω’)ノ

明日もよろしくお願いいたします。

 

こちらをクリックして頂けると大変嬉しく思います!

ブログ村 バナー
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました