正しいOTC対応はどれか?ジャンル:セルフメディケーション Q5

セルフメディケーション

 

さて、アクセス数は順調に増えないけど、めげずに毎日更新(笑)

Q5  一般用医薬品であるガスター10○R (ファモチジン10mg含有)を求めて消費者が来局した。薬剤師の対応として適切なものはどれか。一つ選びなさい。

1.使用者の年齢に関係なく服用できると説明した。
 

2.用法・用量は1日2回、1 回1錠服用すると説明した。
 

3.ガスター10○R の情報提供を、医療用医薬品の添付文書を使用して行った。

 

4.ファモチジン製剤の医療用医薬品であるガスター10○R 錠10mgと、効能・効果、用法・用量が同じであると説明した。

 

5.3日間服用しても症状が改善しない場合には、再度相談に来るように説明した。
 

 

 

 

 

 

 

解答: 5
解説
1.×:ガスター10○R は、小児(15歳未満)及び高齢者(80歳以上)は服用してはならな い。
2.×:ガスター10○R の用法は、胃痛、胸やけ、もたれ、むかつきの症状があらわれた時に 1 錠服用、服用回数は 1 日 2 回までとされています。
3.×:医療用添付文書は専門家が見る文書で、一般用医薬品添付文書は一般の人が見るようにつくられているため、内容が違う。
4.×:一般用と医療用では効能・効果、用法・用量が異なる。
5.○:3日間服用しても症状の改善がみられない場合には、服用をやめて医師や薬剤師に相談するように患者に伝える。

 

 

★こつぶの本日の注目トピック★

 

薬局業務や情報誌、SNSから仕入れた注目トピックを拡散していきます

本日はこちら

エビデンスは "ナマモノ" である 〜AHEADMAP会報誌夏号〜 - 論文至上主義をゼロから考える〜その薬の効果はどのくらい?〜
今回は雑記です。論文の批判的吟味ではありませんw 一次情報に触れることの重要性について AHEADMAP 会報誌夏号に寄稿しました!! 2型糖尿病の治療を例に、前提を疑うことや論文情報について紹介しています!(18ページを参照) aheadmap.jimdo.com (もう3ヶ月くらい前です。そうですか、もう3ヶ月経ち...

根本先生の書いたAHEADMAPの会報誌を復習させて頂きましたが、とても分かりやすく、薬剤師がEBMを学ぶ意義を再認識できます。

 

こつぶも継続して論文を読みます!!

cocoparisienne / Pixabay

 

本日も最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました(‘ω’)ノ

明日もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました