抗認知症薬で併用できるものは?ジャンル:医薬品情報 Q17

一問一答

今週もお疲れ様でした!

(土曜日勤務の方にはすいません(^_^;))

こつぶは今週は土日休みなので今日は飲みます!

それでは本日もよろしくお願いします!

Q17 抗認知症薬でリバスタッチ(リバスチグミン)と併用出来るものはどれか?

①アリセプト(ドネペジル)

②メマリー(メマンチン)

③レミニール(ガランタミン)

 

 

 

13smok / Pixabay

 

 

 

 

 

解答:②

解説

メマリーのみ作用機序が異なりNMDA受容体拮抗薬のため併用可

それ以外の3種はコリンエステラーゼ阻害薬のため併用不可

 

ついでに抗認知症薬の特徴を少し

ドネペジル ・重症度に関係なく投与が可能

・半減期が長く1日1回投与

・消化器症状の副作用が高頻度に発現

・CYP3A4,2D6により代謝

ガランタミン ・軽度および中等度の認知症に投与が可能

・半減期が短く1日2回投与

・消化器症状の副作用が高頻度に発現

・CYP3A4,2D6により代謝

リバスチグミン ・軽度および中等度の認知症に投与が可能

・半減期が短いが貼付剤のため血中濃度が安定し、1日1回投与

・消化器症状の副作用が少ない

・貼付部位の皮膚障害の副作用がある

・CYPによる代謝がわずか

・唯一の貼付剤

メマリー  ・中等度および高度の認知症に投与が可能

・半減期が長く1日1回投与

・高頻度に発現する副作用としてめまいがある

・腎排泄型薬物

・ChE阻害薬との併用可

 

★こつぶの本日の注目トピック★

薬局業務や情報誌、SNSから仕入れた注目トピックをシェアしていきます♪

本日はこちら

 

リフレックスとテトラミドの違いは?

 

そうそう!

リフレックスとテトラミドって構造式がほぼ同じなんですよね!

今日も勉強になりました!

ありがとうございますm(_ _)m

 

今日も最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました(‘ω’)ノ

明日もよろしくお願いいたします。

 

こちらをクリックして頂けると大変嬉しく思います!

ブログ村 バナー
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました